« 2012年9月 | トップページ

2012年10月

芋焼酎 こいじゃが

Cimg0896

  いも焼酎 こいじゃが 25度shine

      1,8l ¥2,152

   720ml ¥1,200(税込み)

   黄麹仕込みの芋焼酎です。

       原料 黄金千貫

Cimg0898

   杜氏の中の杜氏である

黒瀬 安光杜氏が長年のキャリヤを

  いかした、良い出来映えの

       芋焼酎です。heart04

Cimg0897

  清酒に使われる黄麹を使い、

   まろやかでshine綺麗な酒質の

  とても旨味のある芋焼酎です。

Cimg0900

 芋焼酎は独特な香りがどうも・・・・

 という方にもお奨めの焼酎です。scissors

 黄麹特有のフルーティーな香りと、

  甘い味わいをご賞味ください。

Cimg0899

  heart01『こいじゃが』というのは、

     鹿児島の方言で、

     これですよ、これsign03

   という意味だそうです。happy01

Cimg0895

★酒のこばやしshine

大阪市此花区春日出北1丁目3-8

TEL 06-6462-3881

FAX 06-6462-4990

Email:sake-kobayasi@kbd.biglobe.ne.jp

http://www7b.biglobe.ne.jp/~alcohoolkobayasi/index1.html

☆ただいま携帯会員募集中sign03

 一早く情報をお伝えいたしますnote

QRコード読み取り機能付き携帯電話をお持ちの

お客様は下記のコードを読み取るとアドレスが

表示されます。

Photo_2 登録料・年会費は無料です。

                     shineぽちっとよろしくsign03happy01

               ↓  ↓

                               にほんブログ村 酒ブログへ

|

亀甲花菱 無濾過中取り 純米生原酒

Cimg2455  

       亀甲花菱を造っている清水酒造さん

       埼玉にあり、小さな蔵元です。

  小さな蔵元だからこそ、少人数で少量しか

  造れない高品質な酒を醸し出している酒蔵

           であります。

Cimg2456

亀甲花菱 無濾過中取り

    純米生原酒shine美山錦

      1,8l  \2,625

   720ml \1,312

 この日本酒、無濾過中取り純米原酒は、

亀甲花菱のスタートにまずお飲みいただ

       きたい日本酒です。

新酒時のフレッシュな味わいからひと夏の

熟成を経て、濃醇な存在感たっぷりの日本

     酒に仕上がってきました。

 日本酒の色は、かなり濃く黄色いです。

  香りはフルーティーnoteさもありますが、

      ずしりと来る感じですね。

 口に含むと、旨みたっぷりの含み香に

 完熟フルーツのようなフルーティーな

ニュアンス、華やかさを残しながらも熟成

のとろーっsign02とした飲み口に鮮やかな酸、

新酒時に感じたピチピチした感覚は消え、

    渋味や苦味もありません。

それらが旨み、コクとして日本酒に溶け

込み、どっしりとした存在感を増し、貫禄の

      味わいになりました。

  濃醇な日本酒の味わいに、程よい

フルーティーなニュアンスが美味いですheart04

Cimg2457

旨味とキレのコラボレーションup

亀甲花菱 無濾過中取り

  純米生原酒shine美山錦

  立ち香はふんわり心地よく、香りは幾分か

 抑え気味ですが、食中酒にはもってこいの味わ

 いです。含みと濃厚な米の旨味、後味ほのかに

  酸味に強めの甘み切れの良さを感じます。

  メリハリある輪郭のはっきりしたお酒です。

   原料米:美山錦   精米歩合:60%

       アルコール度:17,5%

     日本酒度:+4   酸度:1,9

Cimg2453

upwardrightキレのある、すごく旨い日本酒note

shine亀甲花菱 無濾過中取り

    純米生原酒shine美山錦

    1,8l  \2,625

  7 20ml \1,312

   おだやかで軽快な香りとは裏腹に、

 口に含むと旨さが一気に広がります。

 原酒ならではの力強さとコクを感じる

 濃醇な味わいをスパッsign01と切ってくれる

        酸味は見事sign03

Cimg2454

Rogo61_2

ご用命は:酒のこばやし

大阪市此花区春日出北1丁目3-8

TEL 06-6462-3881

FAX 06-6462-4990

email:sake-kobayasi@kbd.biglobe.ne.jp

http://www7b.biglobe.ne.jp/~alcohoolkobayasi/index1.html

                ぽちっとよろしく

                ↓  ↓

                                にほんブログ村 酒ブログへ

|

地酒蔵のウィスキー☆☆☆

Cimg2468

ハイボールにもお薦めsign03

    地酒蔵のウィスキーshine

    1,8l ¥2,398

    500ml ¥998

   富山の地酒蔵「若鶴酒造」から

      本格「地ウィスキー」

  「地酒蔵のウィスキー」のご紹介sign03

Cimg2469

 お手軽価格で、地ウイスキーをハイボールで

 楽しめないかなという考えから生まれたのが、

      「地酒蔵のウイスキー」です。

    造り、味わいに妥協はありません。

約20年ほど熟成させたアルコール度数60度の

 モルト原酒と、3年以上熟成させた原酒を

ブレンド、香味を調整し37度に仕上げました。

Cimg2470

ほんのりとした落ち葉色、まろやかでありながらも

    樫樽の爽やかな香りが口に広がる、

      やさしい和テイストのウイスキー。

        ハイボールだけでなく、

   ロックやお湯割りでも十分その味わいを

       楽しむことができます。

Cimg2467

この「地ウィスキー」の製造蔵元「若鶴酒造㈱」は

徳川時代の文久2年(1862年)創業の老舗蔵元

富山県の庄川の流域に開けた扇状地、砺波平野。

  名水が潤す豊穣の大地は強靭な増山杉、

        黄金色の稲穂を育み、

    古き良き歴史と時代の躍動感と水と

緑の大地に広がった場所で、地酒を醸しています。

       こんな自然豊かな地域で、

       若鶴酒造は昭和27年から

ウィスキーの製造免許を取得し、小さいながらも

 日本酒だけではなく、「本格地ウィスキー」を

          製造してきました。

Cimg2466

この豊かな土壌を生かし、清冽な伏流水を使用した

  「地ウィスキー」を是非皆様もご堪能下さいnote

          この美味しさは、

      超長期貯蔵モルトをブレンドsign03

      この「地ウィスキー」の特徴は、

     若鶴酒造が長年取り組んできた

     「モルトウィスキー」にあります。

     大量生産や安定供給が難しい

      とされる「モルトウィスキー」sweat01

   伝統的な製法の単式蒸留釜で2回ないし

      3回蒸留、富山の地酒蔵らしく

 「生産量を追わずに、

  じっくり良いものを少しでも」

       の考えで製造開始。

 原料は、香り豊かな大麦麦芽を使用し、

     樫樽の中でじっくり寝かせsleepy

   そのじっくりと育む熟成期間により、

  無色透明なお酒に自然な樽の色がつき

       豊かな風味を生み出し、

       まろやかな美味しさを

        引出しましたました。

  また今回出荷されるウイスキー原酒は、

       約20年程熟成させた、

   アルコール度数約60度のものと、

  3年以上熟成させたモルトを調合して、

 香味を整えてから度数37%程度までにし、

         瓶詰めしました。

     その風貌は、ほんのりとした

        「落ち葉色」に輝き、

      まろやかでありながらも、

   樫樽の香りが口いっぱいに広がり

        とても飲みやすい、

    まさに「和」のテイストが詰まった

         美味しさです。

        飲み方はお好みでnote

Cimg2471

今話題の「ハイボール」にも

  お薦めの「地ウィスキー」ですsign03

       大手メーカーさんとは、

       又一味も二味も違う、

   小さな蔵の本格「地ウィスキー」を

     是非味わってみてくださいsign03

 「地ウイスキーでハイボール」

       の新提案note

Cimg2472

    『地酒蔵のウィスキー』

     500ml ¥998

     1,8l ¥2,398

      アルコール度数:37度

  原材料:モルト・グレーン(大麦・麦芽)

    製法:2~3回蒸留、樫樽熟成sleepy

 長期貯蔵の本格ウィスキーを詰めた逸品shine

雪国の地酒蔵が造り細々と売っていた物ですが、

 いつの間にか時が経ち、長期熟成したものを

 絶妙にブレンドして出荷する事になりました。

     手頃な価格で、しかも高品質sign01

   まろやかなコクが味わえるウィスキーshine

   この味、どうか充分にご堪能ください。

Cimg2473

若鶴酒造「地酒蔵のウイスキー」での

ハイボールの作り方(一例)

        本格バーなどでは、

ウイスキー2に対してソーダ水3.5~4の割合が

     基準(大きめの氷を一個入れる)

        香りのアクションに、

  レモンスライス1/2枚・生ミントの葉を

       2~3枚入れても美味

作成手順は、
①グラスに氷適量(角氷だったら3~4個)を入れる。
②ウイスキーを適量
③ソーダ水を適量の順番が良い。
レモンスライスを使う場合は、
最後に入れてマドラーで1回カクハン
※マドラーで何度もカクハンすると
炭酸が弱くなってしまいます。
尚、あくまでも目安でございます。
カクテルを作る際の
スタンダードメジャーカップMタイプ(45ml)
などの使用をお奨めします。
   地ウイスキーでハイボールを楽しむnote
      お手頃価格がウレシイshine
Cimg2465

酒のこばやしshine

大阪市此花区春日出北1丁目3-8

TEL 06-6462-3881

FAX 06-6462-4990

Email:sake-kobayasi@kbd.biglobe.ne.jp

http://www7b.biglobe.ne.jp/~alcohoolkobayasi/index1.html

☆ただいま携帯会員募集中sign03

 一早く情報をお伝えいたしますnote

QRコード読み取り機能付き携帯電話をお持ちの

お客様は下記のコードを読み取るとアドレスが

表示されます。

Photo_2 登録料・年会費は無料です。

                     shineぽちっとよろしくsign03happy01

               ↓  ↓

                               にほんブログ村 酒ブログへ

|

花垣 超辛純米

Cimg1790

     花垣 超辛純米酒

     1,8l \2,415

 小さな蔵の大きなこだわり、奥越前の“花垣”を

        醸す南部酒造場さん。

Cimg1791

 仕込水は日本百名水、「福井のおいしい水」に

   認定されている“越前大野の伏流水”です。

 花垣 超辛純米は爽快で、すっきりした味わい。

 醸造アルコールを添加して辛口にしたのではなく、

    純米の完全発酵による超辛口です。

     スカッとした味わいが特徴です。happy01

Cimg1792

          ◎酒 類/純米

   ◎使用米/五百万石20%、日本晴80%

         ◎精米歩合/60%

        ◎日本酒度/+12.0

          ◎酸 度/1.6

        ◎アルコール度/15度

Cimg1789

酒のこばやしshine

大阪市此花区春日出北1丁目3-8

TEL 06-6462-3881

FAX 06-6462-4990

Email:sake-kobayasi@kbd.biglobe.ne.jp

http://www7b.biglobe.ne.jp/~alcohoolkobayasi/index1.html

☆ただいま携帯会員募集中sign03

 一早く情報をお伝えいたしますnote

QRコード読み取り機能付き携帯電話をお持ちの

お客様は下記のコードを読み取るとアドレスが

表示されます。

Photo_2 登録料・年会費は無料です。

                     shineぽちっとよろしくsign03happy01

               ↓  ↓

                               にほんブログ村 酒ブログへ

|

鷲尾・純黒かめ壺仕込・於一の夢・薩摩乃薫 無濾過・純黒・薩摩乃薫

Cimg1640_2

shineかめ壺仕込み 鷲尾 25度shine

  1,8l ¥2,500(税込み)

 地元の契約農家が栽培した「黄金千貫」

を原料に日本酒用の黄麹を用いて一次・

二次とも、かめ壺で仕込み醸しました。

そして、原酒をかめ壺に貯蔵した後、タンク

熟成させています。豊かで優しい香りに

クセがなく、それでいてしっかりした骨格

にふくらみのあるなめらかな口当たりに

後口も抜群な仕上がりです。ロック・水割

り・お湯割りで楽しめます。happy01

Cimg1641

shineかめ壺仕込み 薩摩乃薫

     純黒 25度shine

   1,8l ¥2,500(税込み)

 扱いが困難とされる黒麹を敢えて使用し、

数々の手間を経て生まれたその味わいが

見事なまでのまろやかさを呈する芋焼酎で

す。芋の特徴を消すことなく、味・香り・キレ

を実現し、さらに甕壺仕込みならではの独特

のふくよかな熟成感をご堪能いただける

焼酎です。常温・お湯割りでふくよかな香り・

味わいをお楽しみ下さい。note

Cimg1642

shine於一の夢 25度shine

  1,8l ¥2,200

 720ml ¥1,200(税込み)

 於一(おかつ)とは天璋院篤姫の幼少時

の愛称です。heart04

まろやかで、やわらかい飲み口でコクのある

味わいです。水割り~お湯割りと幅広くお楽し

みいただけます。notehappy01

Cimg1643

shine薩摩乃薫 無濾過 37度shine

 1,8l ¥2,730(税込み)

 薩摩乃薫は白麹ながらボリュームあるふく

よかな香味に仕上がっています。その「薩摩

乃薫」の“無濾過”です。note

Cimg1644

shine薩摩乃薫 純黒 25度shine

 1,8l ¥1,900(税込み)

 黒麹を使い、一次は甕で、二次はタンクで

仕込んでいます。骨太な仕上がりで味わいは

まろやか。やさしさの中にはっきりとした主張

がある芋焼酎です。heart04

Cimg1645

shine薩摩乃薫 25度shine

 1,8l ¥1,900

 900ml ¥1,000(税込み)

 田村合名会社の代表銘柄ですsign03

良質な黄金千貫を使用し、さつま芋のふくよ

かな香りとコクのある甘さの芋焼酎です。heart02

水割りからお湯割りまでお楽しみ頂けます。

★酒のこばやしshine

大阪市此花区春日出北1丁目3-8

TEL 06-6462-3881

FAX 06-6462-4990

Email:sake-kobayasi@kbd.biglobe.ne.jp

http://www7b.biglobe.ne.jp/~alcohoolkobayasi/index1.html

             ribbonぽちっとよろしくsign03happy01

                ↓  ↓

                                  にほんブログ村 酒ブログへ

|

蓬莱泉 純米吟醸 和

Cimg0887

    蓬莱泉 純米吟醸 和shine

     1,8l ¥3,318

  720ml ¥1,660(税込み)

     原料米 山田錦 チヨニシキ

         精米歩合 50%

         日本酒度 ±0

          酸度 1,5

     アルコール分 15~16%

Cimg0890

         香りは控えめです。

 よくかいでみると何かいい臭いがします。heart04

 口に含むと原料米である山田錦の旨みが

  口中に広がり、適度な酸味がキレを良く

           しております。

Cimg0888

     後口にベタベタさが残る事なく、

     爽快な切れ味を持つお酒です。

     お造りなどの淡泊なお料理と

         よく合いますね。heart04

       とてもshine綺麗な酒質です。

           うまいわっ~note

  初心者の方や、あまり重たくないお酒が

   好きな方にはピッタリsign03なお酒では

        ないでしょうか・・・・

    見事な上品なお酒でございます。happy01

Cimg0886

★酒のこばやしshine

大阪市此花区春日出北1丁目3-8

TEL 06-6462-3881

FAX 06-6462-4990

Email:sake-kobayasi@kbd.biglobe.ne.jp

http://www7b.biglobe.ne.jp/~alcohoolkobayasi/index1.html

☆ただいま携帯会員募集中sign03

 一早く情報をお伝えいたしますnote

QRコード読み取り機能付き携帯電話をお持ちの

お客様は下記のコードを読み取るとアドレスが

表示されます。

Photo_2 登録料・年会費は無料です。

                     shineぽちっとよろしくsign03happy01

               ↓  ↓

                               にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 2012年9月 | トップページ